【シャドバ】シャドウバースが死んじゃうよCygamesさん。僕は新パックが出るのが怖いです。

【シャドバ】ゴブリンリーダー

今日はちょっと、今後シャドウバースは、

どうなるのか…そして、どうあるべきか、、

について考えていきたいと思います。

なぜ、こんな事を急に思ったのか、、、と申しますと。。。

6月29日に実装される

新パック「ワンダーランドドリームズ」通称(ワンドリ)

【シャドバ】ワンドリ
「楽しみだぜぇええええええええええ!!!」

という想いよりも、、

「ん?大丈夫?」と声が漏れるほど

不安の方が大きくなってきたから。です。。

今回の新パック「ワンドリ」の特徴のいえば…

「ニュートラルカードの充実」ですよね??

これを聞いた時は「やった!どのクラスでも強いカードが使える!!」

といった風に考えるのかもしれませんが、、

冷静に考えれば、、シャドウバースの特徴である、

リーダーの特性を生かしたカードバトルっていうのが

死んでしまう事を意味してるんですよね…

ニュートラルが生む矛盾

例えば…新パック「ワンドリ」で登場するこのゴブリンリーダー。に注目してみましょう。。

【シャドバ】ゴブリンリーダー コスト3

進化前 攻1 HP2
自分のターン終了時、ゴブリン1体を出す。

進化後 攻3 HP4
自分のターン終了時、ゴブリン1体を出す。

いかがでしょう?

このカードの効果を見て違和感ってないですか??

僕はノーパンで出勤してしまった時と同じくらいの違和感を覚え、、

このように思いました…。。

「え、このカード他のリーダーでも使えていいの?」って。

この「ゴブリンリーダー」、実際の所出したターンに

「攻1 HP2」のフォロワーを2体出すのと同等の効果ですよね…。。

あれあれ…こ…この効果…身覚えがありませんか??

シャドバをそれなりにやってたら、絶対に1度は使ったことあるでしょう…

気付きましたか!?そう!これ!

完全にロイヤルの「アセンティックナイト」兄さんの上位互換なんですよぉお!!!!!!

【シャドバ】アセンティックナイト コスト3

進化前 攻1 HP2
ファンファーレ ヘヴィーナイト(攻1 HP2)1体を出す。

進化後 攻3 HP4

なんで、こんなカードを「ニュートラル」レア度ブロンズで出すんや…。。

出現確率も一緒やし、レア度も崩壊しとるやないかww

ってか、言いたい事はそれだけじゃねえ!!!

もっと言わせてもらうでぇええ!!!

「ゴブリンリーダー」がとち狂っている理由

このカードの何がいけないのか。。。

それはロイヤルクラスの特性とはなんなのか?

を再確認する必要があります。では早速シャドウバース公式から抜粋してみましょう!!

【シャドバ】ロイヤル
複数の兵士・フォロワーを召喚したり、兵士を強化する指揮官・カードを使ったりして、フォロワー同士の戦闘を有利に進めるのが得意です。

上記の「複数の兵士を召還したり」とあるように、

ロイヤルは盤面にフォロワーを展開する事が得意なクラスですよね?
(フォロワー例には盤面をフォロワーで埋める「乙姫」が紹介されている)

では、ゲーム序盤、盤面にフォロワーを広げるのが得意な「アセンティックナイト」

上位互換である「ゴブリンリーダー」が他のクラスで使用できたらどうでしょう??

当然、他のクラスでも、序盤に盤面展開が容易になり、

【シャドバ】エリカ
エリカ(ロイヤル)「あれ…私しかできないはずなのに…序盤にみんなも盤面展開できるんだ…」

エリカ(ロイヤル)「わたし…いる???」

ってなりますよね????

こんなんじゃ、ロイヤルの魅力が減り、ゲーム性の矛盾が生まれてしまいます。

今後どうすればよいのか?

以上の事から、ニュートラルが他のクラスと同じような効果を

持つことで各リーダーの持つ特性が失われ、違いがなくなってしまいつつある事が

なんとなくお分かり頂けたかと思います。

しかし、ただこうやって運営批判するだけでは、

タダで遊ばせてもらってる身として、失格…。。

ただのクレーマーですよね。

そこで打開策というか、今後どうすれば良くなるのかを提案を

してこの記事を締めくくりたいと思います!

それは…「縛りルール」を設けること!!!です!

「何いってんだこいつ」

そう思ったでしょ???

でも僕個人的には縛りというルールが加わる事で

かなり対戦が面白くなってくると考えてます。

「ブロンズ縛り」

「確定除去なし」

このような簡単に思いつくありふれた縛りルールですが、

実際やってみたらどうでしょう?

それなりに白熱したカードバトルが体験できるのではないでしょうか?

そもそも運営が糞なだけで、ゲーム自体は面白いと思うんです!

この「縛りルール」については、

また次回記事にして詳細を語りたいと思います。

つづく…。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。